チャイ語倶楽部~中国語学習のコツをとことん考えるサイト~

  1. HOME
  2. 発音

無気音と有気音、どう言い分ける?~実践編~

目次

スポンサーリンク

理論編からの続き】

では、どのように練習すればネイティブに誤解されず且つ美しい無気音と有気音を身につけることができるでしょうか。

有気音の練習のコツ

実は誤解が生じやすいのは、むしろ無気音より有気音のほうです。

日本語はあまり息をパッパと吐きません。

有気音を単に清音で代替すると、日本語清音は息が少ないので中国語ネイティブには無気音に聞こえてしまい、意味を取り違えられる可能性が高いのです。

有気音は日本語にはない別の音です。有気音はとにかく意識して息を長めに出すようにします。

息だけを出したあとに、声を追っかけて出します。子音と母音に少しタイムラグを持たせるといい感じになります。

日本語に息を飛ばすように出す音はないので、息の音が聞こえるように話すのは、どうしても下品に感じて抵抗があるかもしれません。

そういう場合はあえて荒療治として、子音だけを意識して言う練習をするといいです。

子音と息の音だけを先に耳になじませてしまいましょう。

p”、“t”、“k”、“q”、“ch”、“c”の音だけを出す練習を繰り返しやります。

しっかり息の音が聞こえるように出せるようになったら、母音を加えて言ってみます。

必ず息の音を聞いてから母音を出すように意識します。

これができたら次は単語や文を言ってみます。

有気音ばかり集めた早口言葉などを利用すれば手っ取り早いです。

別に速く言う必要はないので、ゆっくりと息の音を楽しみながら練習するといいです。(有気音を練習するなら「中国語早口言葉」をどうぞ)

確実に言い分けるためには、まずは、有気音をマスターしましょう。

無気音の練習のコツ

次に無気音です。無気音の特徴は

・無声音(声帯振動を伴わない音)である
・子音と母音の間に息の排出がない

でした。この二つの特徴を実現する方法がこれです。

まず、声帯振動を子音に伝えないためには

1、息詰めをすること

次に、子音と母音の間に息を出さないためには

2、子音と同時に母音を出そうとすること

これを練習するには実は簡単なコツがあります。

例えば“ba”を練習するとしたら、まず日本語で「ぱ」を何度か言って息詰めの感覚を確かめます。

繰り返しになりますが、日本語でも清音を言う時には軽く息をためています。

普段は意識していないと思うので、「ぱ」「ぱ」と何度もつぶやいて、息詰めの要領をつかみます。

それができたら、今度は、もう一度「ぱ」を言う要領で軽く息を詰めて実際には「ば」と言います。

これでほぼ“ba”の音になるはずです。

無気音の出し方のコツを一言でいえば、「息を詰めてから濁音」です。

同じように「た」「だ」「さ」「ざ」「か」「が」「ち」「ぢ」などを使って無気音の練習をしてみてください。

スポンサーリンク

それでも無理なら

もし、習い始めで、難しいようであれば、無気音は濁音で代替してもかまわないと思います。

注意するのはあまり濁り過ぎないようにすることぐらいです。

なぜなら、濁音の子音(有声音)は100%無気音です。

有声か無声かは中国語ではどうでもいいことで、意味の取り違えは起こり得ません。

だから、濁音で代替しても実質的には何の問題もありません。

むしろ、無声の無気音にこだわることの方が問題です。

無気音は息を出してはいけないと思うあまりに、息を少なく、少なくして、ただの小声になってしまう危険があるからです。

絶対に初級のうちに小声癖をつけてはいけません。

中国は大声文化の国です。かの国へ行って小声で話そうものなら、「啊?」と「听不懂!」を連発され精神的に打ちのめされることになります。

小声になるくらいなら大声で濁音の方が何倍もいいです。

私たちは何のために中国語を学んでいるのでしょうか。使うためです。

原理原則にこだわって、役に立たない技術を身につけても意味がありません。

小声でしか話せない中国語などただの飾りにしかなりません。本末転倒してはいけません。

そもそも無気音は「息を少なく」という表現が誤解を招くのです。

無気音は息と同時に声を出す音です。

息が少なくなっているのは結果にすぎません。

息を少なくという説明にとらわれるあまり、「息を弱く」出し、力のない発音になってしまう人が多いのです。

ネイティブの発音を聴いて、誰でも感じているでしょうが、本当の無気音は決して弱々しくはありません。

むしろ、かなりエッジのきいた音です。

私たちも遠慮なくはっきり発音すればいいのです。

上記の練習を行えば、息の量を気にしなくても、息が少なくて、且つ力強い無気音が出せるようになります。

スポンサーリンク

無気音と有気音どう言い分けるか。コツのおさらい。

無気音は「息を詰めてから濁音を言う」

有気音は「息のあとを声が追っかける」

です。気に入ったら、参考にしてください。

前へ次へ

Copyright ©ChaigoClub