チャイ語倶楽部~中国語学習のコツをとことん考えるサイト~

  1. HOME
  2. 発音

無気音と有気音、どう言い分ける?~理論編~

目次

スポンサーリンク

(*中国語ピンインを赤、日本語ローマ字をピンクのフォントで表す)

無気音と有気音の言い分けが壁になって挫折する人も多いのではないでしょうか。

b”と“p”、“d”と“t”、“g”と“k”、“j”と“q”、“z”と“c”、“zh”と“ch”の対立のことです。

日本人の耳には「バ行」と「パ行」、「ダ行」と「タ行」、「ガ行」と「カ行」に聞こえます。

しかし、教科書には日本語の濁音、清音とは異なると書いてあります。

また、中国語の無気音を日本語の濁音で代用すると、中国人には汚い音に聞こえるから濁音で言ってはいけないとも教わりますが、正直、中国語の無気音が日本語の清音に聞こえることはほとんどありません。

ところが、中国人の耳には日本語の清音が無気音に聞こえるらしく、「田中さん」を無気音で「Danagaさん」と発音してしまい、日本人の耳にはこれが濁音の「だながさん」に聞こえるという、もう訳のわからない現象が起きていたりします。

長年、中国語の無気音、有気音、日本語の濁音、清音が一体どういう位置関係にあるのかさっぱり分かりませんでした。

同じ次元では語れないものなのかとも思っていましたが、そうでもないようです。かれらの位置関係を自分なりに解釈してみました。

無気音、有気音はなにが違う?

まず、無気音、有気音はどう違うのかというと、発する瞬間に息がたくさん出るかどうかの違いであるといわれます。

無気音はあまり息が出ない。一方、有気音は息が一気にたくさん出る。

ん~、それだけ?基準があいまいです。もっと具体的に分析しましょう。

母音のついた“ba”()、“pa”() の音節を例に考えます。

子音 “b”、“p”は両唇の閉鎖を開放すること(破裂)で調音します。

つまり閉じた両唇を息を使って開けるときに音を出します。

無気音“b”は少量の息で唇の閉鎖を開放した後、即座に母音“a”が出ます。

一方、有気音“p”は大量の息で閉鎖を開放します。

そのため、開放のあともしばらく息の放出が続き、やや遅れて母音“a”が発せられることになります。

つまり、唇閉鎖の開放と母音を発するまでの間に「気」(息)が「無い」音が無気音“b”で、「気」(息)が「有る」のが有気音“p”というわけです。

ba”と“pa”の音の出方のイメージを記号で書いてみます。
(両唇破裂をp、息を<、声帯振動を  で表す)

ba):[pa]

pa):[p<<<a]

こんな感じです。

スポンサーリンク

濁音、清音はなにが違う?

それでは日本語の濁音と清音はどう違うのでしょうか。

ちなみに、ここでは「ガ行」「ザ行」「ダ行」「バ行」の濁音と「カ行」「サ行」「タ行」「パ行」の清音について考えます。
(「パ行」は五十音図では半濁音と呼ばれるが、音声学的には「バ行」の清音とされる。)

それぞれ対立する濁音と清音の子音の調音点・調音法は同じです。

g”と“k”は軟口蓋の破裂音、“z” と“s” は歯茎の摩擦音、“d”と “t”は歯茎の破裂音、 “b”と “p”は両唇の破裂音。

では、その音色の違いはどこからくるのでしょうか。

それは濁音の子音“g”、“z”、“d”、“b”が有声音であるからです。

有声音とは声帯の振動を伴って発する音のことをいいます。

母音はすべて有声音です。のどに手を当てて、「アー」といえば声帯が振動しているのが感じられます。

母音は声帯振動を伴う「声」で作られた音、つまり有声音です。

母音と同様に濁音の子音も声帯振動を伴っているので有声音です。

一方、清音の子音 “k”、“s”、“t”、“p”は声帯振動を伴わない無声音ということになります。

ところで、注意しておかなければならないことがあります。

濁音、清音という呼び名は子音と母音がセットになった音節のことを指しています。

したがって、私たちが中国語の無気音、有気音と比較すべき概念は本来濁音、清音ではなく、有声音、無声音ということになります。

話を戻します。有声音は声帯振動を伴う、無声音は声帯振動を伴わないと言われても今一つピンときません。

有声音と無声音の違いは具体的にどういうことでしょうか。
先ほどと同様、“ba”(ば)と“pa”(ぱ)の音節を例に考えてみましょう。

音を出すために必要なものは空気の流れです。

私たちが言葉を発するときに使っている空気は自らの肺から出す呼気です。

この呼気が声帯で振動させられたものが「声」で、振動させられることなく、そのまま通りぬけてきたものが「息」です。

日本語の子音“b”、“p”も両唇の閉鎖を開放すること(破裂)で調音します。

つまり“b”が声帯振動を伴うとは、両唇の閉鎖を「声」で開放するということです。

濁音“ba”は「声」で閉鎖を開放し、その「声」がそのまま母音“a”となって発せられます。

一方、清音の子音“p”は無声音であるため“pa”は「息」で両唇の閉鎖を開放し、その後母音“a”が発せられます。

中国語の無気音、有気音は母音を発するまでの間に「息」が有るか無いかを基準に分類しましたが、日本語の有声音、無声音は子音そのものに「声」が含まれているかどうかを基準としているわけです。

音の出方のイメージを記号で書いてみます。(両唇破裂をp、息を<、声帯振動を  で表す)

ba(ば):[pa]

pa(ぱ): [p<a]

4つを並べてみよう

それぞれの基準は分かりました。

では、今度は中国語、日本語を互いの基準で分けてみましょう。

まず、中国語を日本語の基準「声」の有無で分けます。

中国語の子音“b”、“p”を出す時に使う「息」は声帯振動を伴わないので、“b”、“p”は共に無声音に分類されます。

次は日本語を中国語の基準「息」の有無で分けます。

「声」で閉鎖を開放する有声音“b”は最初から「息」の出番がないので当然無気音です。問題は無声音です。

開放に要する「息」の量は状況によって、わずかな時もあれば多い場合もあります。

したがって、無声音“p”は無気音であったり、有気音であったりします。

しかし、中国語の有気音に比べれば、たいてい、その「息」の量は少なく、中国人の耳には無気音に分類されることが多いと思われます。

中国語“b”:無気音     ・無声音
中国語“p”:有気音     ・無声音
日本語“b”:無気音     ・有声音
日本語“p”:無気音/有気音 ・無声音

4つの音節を「息」の量と「声」の出るタイミングを基準に並べてみます。右に行くほど「息」の量が増え、逆に「声」の登場は左に行くほど早くなります。

中国語の無気音が日本語有声音(濁音)と無声音(清音)の間に、日本語の無声音(清音)が中国語の無気音、有気音の間に位置しているのが分かります。

まさにこの位置関係が、私たちに混乱をもたらしていたのです。

つまり、中国語無気音は有声音と無声音の境界線上に、日本語無声音は無気音と有気音の境界線上に位置していたため、互いにどっち付かずの印象を与えていたわけです。

ではあの、限りなく有声音に近いのにあくまで無声音である微妙な音―中国語無気音―を中国語ネイティブはどうやって出しているのでしょうか。

スポンサーリンク

無気音の出し方

実はここに「息」と「声」をコントロールする伏兵がいます。

息詰めです(息ためや息止めといってもいいかもしれない)。

中国語ネイティブは無気音を発する前にほんの一瞬この息詰めを行って、呼気をコントロールしています。

無気音を出す直前に、まず、息を止めて、「声」が子音の調音点まで達することを防いでおきます。

そして、息を解放し、子音を発するのと同時に声帯を振動させ、母音を出します。

そうすれば、子音に声帯振動を加えることなく(無声音で)、且つ、「息」も挟まず(無気音で)母音に移ることができるわけです。

このように書くとなんだかものすごい技のようですが、息詰め自体は何のことはない、私たち日本語話者が清音を言う時にもやっていることです。

何でもいいので清音と濁音を言い比べてください。

例えば、「た」と「だ」を丁寧に言い比べて口の中の動きの違いを感じてみます。

「た」を言う時はわずかに息をためてから発しているのに気づくますよね。

一方「だ」の方は息を止めたり溜めたりすることなく、声帯の震えを歯茎まで伝えようとしていることが分かります。

息を止めたら有声子音は出せないのです。
逆に言えば、日本語であろうと中国語であろうと、無声音には息詰めが必要だということです。

以上を踏まえて、我々日本人中国語学習者は具体的にどうすればいいのでしょうか。いよいよ実際の発音のコツを見つけましょう。【実践編へ続く】

前へ次へ

Copyright ©ChaigoClub