チャイ語倶楽部~中国語学習のコツをとことん考えるサイト~

  1. HOME
  2. 発音

盲点になりやすい母音“u”

最も日本語なまりがでるのは意外にも“u”かもしれません。

日本語の「ウ」は非円唇ですが、中国語の“u”は円唇―つまり唇を丸めて突き出す発音です。

一番初めに中国語を習う時、「“u”の音は日本語の『ウ』より唇を丸めて言います」と教わります。

誰だって知っていることです。でも、知っているから出来るとは限りません。

なにせ覚えるべきことは他にも山ほどあります。

耳で聞けば、“u”は「ウ」に聞こえるし、ピンインもローマ字の「ウ」と同じ“u”です。

日本語とは別の音ということを忘れてしまいやすく、いつの間にか「ウ」で代用してしまうのは当然といえば当然です。

しかし困ったことに、これが中国語話者には結構気になるらしいです。

特に“zu”、“cu”、“su”の3つは“zi”、“ci”、“si”という紛らわしい音節があります。

どちらも聞いた感じは「ズ」「ツ」「ス」ですが、“i”のほうは思いっきり平唇にした「ウ」です。

こちらは記号のイメージと実際の音が違い過ぎるせいか、むしろ意識して平唇にすることができます。

しかし、“zu”、“cu”、“su”はその平凡さのため、知らず知らずのうちにローマ字読みになってしまいます。

すると、中国語ネイティブには「どっちだよ??」ということになるようです。

スポンサーリンク

さて、対策ですが、「意識して円唇にしよう!」などというあいまいな決意では、どのみち、いつの間にか非円唇に舞い戻ってしまいます。

短期間に矯正した方が確実です。

今学習中のテキストの中から“u”が含まれる音だけを探し出し、赤ペンで漢字の上にzucusuなどとふってしまいましょう。

ピンイン付きなら、それだけ上からマーカーを引いて目立つようにします。

そして、その文を繰り返し音読します。

「円唇円唇」と思いながら、口の筋肉が自然に覚えるまで。

ただし、テキストから探し出す時には注意が必要です。

“u”は前に子音がこないときは“wu”と表記するので“w”がつく音節も忘れないように。

また、“ju”や“quan”などは“u”と表記してあっても実際はウムラウト付きの“ü”のことなので、くれぐれも間違えて円唇にしないように注意してください。

前へ次へ

Copyright ©ChaigoClub